日本が誇る渡邊雄太の上からモンスターダンクをかますアンソニーエドワーズ

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9248070191479636"
     crossorigin="anonymous"></script>
<!-- ディスプレイkento3434 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-9248070191479636"
     data-ad-slot="2887191361"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

2/20、トロントラプターズvsミネソタティンバーウルブズの試合が行われた。

渡邊雄太はいつものようにセカンドローテーションの一角として試合に出場し目に見えないところでのプレイや、ハッスルディフェンスでチームに貢献していた。

しかし問題が起きたのは第3Q、残り10秒のことだった。

左からアンソニーエドワーズがドライブを開始すると一人交わしてゴール下に侵入、それに気づいた渡邊雄太がブロックに飛ぶもなんとその上からポスタライズ。

日本が誇るNo. 1ディフェンダーの渡邊雄太をあんなに吹き飛ばす姿を日本人は想像できただろうか、いや、できていた人は少ないだろう。

アメリカでは現在このアンソニーエドワーズのダンクで盛り上がっており、しばらくは渡邊雄太がそのダンクされた相手というイメージが付きまとってしまうかもしれない。

しかしこんなことで落ち込んで欲しくはない、我々日本人が見たいのは落ち込んでいる渡邊雄太ではなく試合で発するし活躍している渡邊雄太なのだから。

そしてダンクされることについて渡邊雄太本人も昨季

 

「上からダンクされるとかそういうことは気にしない」

と語っているため、冷静な彼のことだし既に次戦に向けて切り替えはできていそうだ。

 

渡邊雄太はラプターズで本契約を貰う事は可能なのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。