「ダンクされたって気にしない」渡邊雄太の切り替えが流石のプロ仕事人

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9248070191479636"
     crossorigin="anonymous"></script>
<!-- ディスプレイkento3434 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-9248070191479636"
     data-ad-slot="2887191361"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

2/20に起きたこのダンクは記憶に新しい人も多いだろう、なぜなら今日の明日起きたから。

こんなダンクをされて、ツイッターのリプ欄などで渡邊雄太の顔を切り抜いて貼っていたり、正直言ってネタにしているアメリカ人が多いことが見受けられる。

普通こんなことをされていたらどんな人間だって落ち込むだろう、しかし渡邊雄太はそんじゃそこらの一般人と違うということを私は知っている。

この過去の会見によると、渡邊雄太は「ダンクされようが気にしない、そのようなプレーこそ自分がどんどん行かないといけないと思っています」

と語っている。

そのようなプレーというのは、このような選手がドライブし来るときにブロックに飛ばない選手が多い中で自分はブロックに飛ぶということだろう。

このような発する精神を持っている渡邊雄太を獲得することができたラプターズはとても誇らしいに違いない。

今後も渡邊雄太の活躍に期待していこう。

▽おすすめ 

渡邊雄太はラプターズで本契約を貰う事は可能なのか

日本が誇る渡邊雄太の上からモンスターダンクをかますアンソニーエドワーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。