渡邊雄太のダンク問題が、アメリカ全土のアジア差別問題へ発展の予感か

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9248070191479636"
     crossorigin="anonymous"></script>
<!-- ディスプレイkento3434 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-9248070191479636"
     data-ad-slot="2887191361"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

日本時間2/20、ラプターズvsウルブズの試合中に起きたダンクの事は皆ご存知だろう。

日本が誇る渡邊雄太の上からモンスターダンクをかますアンソニーエドワーズ

 

しかし、これがただのスーパーダンクからアジア差別問題のBLMに乗っ取り、Asian lives matter問題に発展しそうなことを知っているだろうか

事の発端はアメリカの有名コメディアン、ケビンハートの投稿だ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kevin Hart(@kevinhart4real)がシェアした投稿

「こんな仕打ちを受けるなんて、この男が一体何をしたっていうんだ??

(省略)このディフェンダーは今すぐリーグから放出されなければいけない。これを食らったら復活はできない。

彼にとっては悪夢だろう、彼と彼の家族に祈りを捧げるよ..。」

 

というもの。これにNBAのスーパースターたちが次々と「😂😂」等のコメントをしたこともあり、大ごとに。

その中にはレブロンジェームズステフィンカリーも含まれる。

 

インスタ炎上、原爆についても書き込みが

そして渡邊雄太のインスタやwikipediaが荒らされ、中には原爆関係のコメントをするいきすぎた野郎もいてかなり不快だ。

 このような一連の行動と、渡邉煽りを受けてESPNが声明を発表

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESPN(@espn)がシェアした投稿

stop Asian hate

これは渡邊雄太の件に則りアジア人を馬鹿にする人たちが対象になっている事は間違いない。

BLM運動はなんだったのか?とアジア人からすると言いたくなる。

 

根本を考える

だが、本当にこれは差別問題だったのだろうか?

NBAでポスタライズ(豪快なダンクを)される事は日常茶飯事であり、度々された選手がネタにされているシーンを見たことがある。

かの有名なレブロンジェームズにポスタライズされたジェイソンテリーは未だにネタにされ続けている。

アジア人だから盛り上がっているのではなく、それが誰であろうと晒すアメリカの文化なのではないだろうか?

この問題を見てアジア人だからこれだけネタにされていると考える人もいれば、元々誰にでもこんなことをしていたと考える人もいる。

 

元々ネタにされていたとしても、インスタを荒らしたり、原爆についての書き込みをするというのは全く良い文化ではないという事は確かだ。

全員が全員悪いというわけではないという事は承知している。

ただ、アメリカが世界一の大国というだけで、このような文化まで「アメリカだから…」

と美化するのは時代遅れなのではないだろうか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。