リラード決断の時か?ベンシモンズとのタッグ結成へ

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-9248070191479636"
     crossorigin="anonymous"></script>
<!-- ディスプレイkento3434 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-9248070191479636"
     data-ad-slot="2887191361"
     data-ad-format="auto"
     data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

補強に成功し、層が厚くなったウィザーズで八村は活躍できるのか

デイミアン・リラードは移籍が主流の現代において、フランチャイズチームでプレイするスーパースターの数少ない1人である。

2015年ごろから常に強豪ではあり続けるものの、あと一歩手が届かない位置にいるブレイザーズ。スターを連れて来れないフロント陣。

リラード自身についにトレードの噂が流れるようになった今オフシーズン、リラードは最後の希望としてスーパースターのベンシモンズ獲得のために動いているようだ。

sometimes,you just have to play the role of a fool to fool who thinks they are fooling you

 

(Fool=馬鹿)

この発言はリラードのインスタグラムからで、彼が言っていることは意味深で全ては理解できないが、NBAファンから馬鹿にされているベンシモンズに言っている可能性は高いと考えられる。

ブレイザーズは現在、デイミアンリラードとCJマカラムのビッグデュオで数シーズン戦っている状況だ。

しかし現代ではガードがエースを務めながら優勝することは難しいとされており、勝つためには優秀なウイングが必須とされている。

相手を1〜5番まで守れ、ゲームメイクもできるベンシモンズはリラードと相性も良く過小評価されていると言われているもの同士、2021シーズンで優勝すれば人々の評価を書き換えることは容易に想像できそうだ。

チームにフィットし始めていたカーメロ アンソニーを失い、コーリーゼラーやベンマクレモアと契約したものの、彼らは大きく試合を変えるプレイヤーではない。

リラードの去就は今シーズンで決まってしまうのかもしれない。

https://clutchpoints.com/blazers-news-damian-lillard-posts-cryptic-message-amid-trade-rumors/

より引用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。